施術報告30代男性足

患者さんは30代男性。趣味はマラソンでハーフマラソンに出ている。

数年前に走行中、足首をひねり数日ほおっておいたが痛み引かず整形に行くも骨に異常なしとのこと、電気をかけた治療のみで終了。

数年後、自転車から降りる際痛みが再発、当院に来院。

主に内反、伸展時に痛みあるも数回の施術で軽減したが、他に軸圧痛がありかかとを頭方にたたくと痛みがあり、なかなかひかなかった。

距骨と踵骨の間の関節炎、踵骨の骨折などを疑うが該当するような感じはなく、しばらく経過を見ていたが改善策が思わしくないため再度の整形での受診を勧めたところ踵骨が腐骨となっていることがわかり、手術することとなった。

手術はうまくいき病院のほうからは痛みがなければ半年後の検査まで来院の必要なしと言われたが歩くと痛い。

しばらくほっておいたがやはり前ほどではないが痛むとのことで再来院。

調べたところ踵骨と距骨の位置がわずかに悪く違和感があったようで調整したら痛みは消えた。

名古屋市昭和区荒畑の骨盤矯正治療は ふじさわ整骨院へ